〒489-0009
愛知県瀬戸市水北町1950番地

休業日:年中無休

お気軽にお問合せください

0120-32-7600

完全予約制
電話受付時間:AM 8:00~PM 22:00
火葬:9:00~19:00(葬儀の最終17:00)
有限会社 動物愛護協会

よくあるご質問

よくあるご質問

貴家ご愛玩のペットちゃんの突然の死亡という、非日常的な出来事に動揺してしまうのは当然の事だと思います。

ここでは、お亡くなりになったペットちゃんの一時保管方法お火葬準備・時間等について、後の納骨について、お参りについて簡素に説明致しております。さらに、詳細な事項につきましては左記の連絡先へお電話くださいませ。

 

亡くなったペットの安置方法など

ペットが亡くなった場合に、どのような姿勢で安置すれば良いですか?

なるべく手足は曲げて、抱っこする様な姿勢が良いと思います。

できれば頭を北向きにして、いつも居たような気に入った場所に安置してあげましょう。姿勢については、決まっているわけではありませんが、あまり手足を伸ばさない方が保冷剤で冷却しやすいですし、ご遺体を納める段ボール等のケースも小さくてすみます。

箱が大きいとその分火葬後の箱の灰が多く、細かいお骨を収骨する際に判別はつきますが、段ボールと細かいお骨を一緒に収骨してしまう可能性もあります。その結果、骨壺の底部に段ボールの灰がたまるという事にもなりかねません。

ただ、亡くなられた状態にもよりますが、2時間程度経過すると硬直しはじめますのでなるべく早い時間に整えてあげるのが良いでしょう。完全に硬くなっても少しずつなら関節は曲がります。あまり力を入れて曲げるのがかわいそうならば、そのままお連れ下さい。

大型犬が完全に手足が伸びた状態ですと、火葬炉に入らない可能性がありますので、なるべく手足を曲げた状態にしてあげた方が良いと思われます。

冷却の方法は、保冷剤で充分ですか、ドライアイスが必要ですか?

通常、保冷剤で十分かと思われます。

2、3日以内に来院のご予定であれば、保冷剤を段ボールの下に敷くか(段ボールの上に順に、ビニール、新聞紙、保冷剤、タオル、ご遺体)、おなか周辺が良く冷却できるように小さめの保冷剤を使われるのが良いです。氷を袋に入れて定期的に交換すれば、真夏以外は大丈夫だと思います。

もちろん、ドライアイスでの冷却は一番良い方法だと思います。

ペットちゃんを安置する外箱について

段ボール箱がよろしいかと思います。

環境上の問題やお骨に付着して変色する事もまれにありますので発砲スチロール、プラスチック類、塩ビ系の収納ケースとは、ご一緒に火葬できません

段ボールや薄い木製の箱などは、ご一緒できます。当院にも動物用のケースはあります(有料3,000円)が、ご自宅でご用意出来れば普通の段ボール箱でかまいません。

大型犬の場合、段ボール等がご用意できない場合は、大型犬のケース(有料3,000円)をお買い求めいただくか、若しくは簡易な防水シートのような物で包んで、簡単に持てるようなひもで結んでお持ちいただいても結構です。どうにもならない場合はそのままご遺体をお持ちいただいたもかまいません。当霊園からご自宅へご遺体をお引取又は個別の場合には霊園まで、ご遺体をお運び致します(無料)。

段ボールなどの外箱には納めずに、そのままご遺体を火葬されたい旨のご希望があればそうさせていただいきます。

お火葬準備・時間など

当日の電話で火葬できますか?

はい、対応できます。

ご希望のお時間をお伺いしご相談の上で火葬時間を決めさせていただきます。午前9時から午後5時(お火入れ)を原則としますが、それ以外の時間帯はご相談ください。

火葬時間は何時間くらいですか?

小型犬・猫ちゃんで火葬自体の時間は1時間位です。

ただし、火葬前の葬儀(お別れ・お経)と火葬後の収骨を含めますと、2時間から2時間半くらいです。中型犬のペットちゃんでもあまり時間は変わりません。ペットちゃんの体重や生前の病気等によっても多少時間が変化します。

一緒に火葬できる物は何ですか?

好きだった少量の食べ物、お花、お写真、タオル類は大丈夫です。

くさりなどの金属類・発砲スチロールの箱・プラスティック・化繊製品(ぬいぐるみ・クッション等)は、ご一緒にお火葬できません。首輪にある金属等は少量ですので大丈夫です。血統書やお手紙・お写真のような紙類はご一緒できます。

火葬がお休みの日はありますか?

元旦以外は、お火葬させていただいております。

基本的に1月1日を除く、年末年始・ゴールデンウィーク等の大型連休も、お火葬いたします。

後の納骨・お参りについて

ご自宅で安置され、ご納得されたときにご連絡ください。

いつでも感応寺境内の納骨堂などに納骨していただけます。

感応寺動物霊園では、お骨を土に返す(永久納骨する)合同墓「偲」に納骨されるか、または、逆円錐型個人墓地に墓地・墓石を建立されそちらに納骨するか2つの方法がございます。

お参りは、いつでもできますか?

もちろん、いつでもお参りできます。

本堂は、午前9時から午後5時まで。動物霊園は、門がありませんので夜間でもお参りが可能ですが、午後10時には消灯します。逆円錐型個人墓地・「夢」等には照明が完備されております。ただし、休憩ホールは午前9時から午後5時までのご利用となっております。

手ぶらでお参りに行ってもお花・お線香などは売っていますか?

お供え用の花も販売しております。

霊園東側の秋田石材で、墓石の販売の他、お供えの花も販売しております。

その他のメニュー

犬猫小動物ご遺体情報

詳しくはこちらをクリック

秋田石材

拡大してご覧になり、ご確認下さいませ。